>  > 巨乳にも形がある

巨乳にも形がある

何だかんだで巨乳こそ男のロマンだと思いますけど、でも巨乳って言ってもそれはそれでいろいろな形があるじゃないですか。だから自分は風俗では巨乳は当たり前として、どんな巨乳なのかまでこだわるようにしています。完全に好みの部分だとは思いますけど、特に重視しているのはやっぱり形ですね。離れているタイプの巨乳よりはツンと上向きの巨乳の方が好きです。ただ、風俗のホームページを見ても大きいかどうかまでは分かるんですけどどういったタイプの巨乳なのかまでは分かりません。だから最後は自分の妄想力ですよね(笑)下着くらいまでしか見えないじゃないですか。そこから先はどういったモノを持っているのか。それを想像するのもまた、男の実力かなと思うので、自分の理想の形の巨乳なのかどうかは最後は妄想します。それこそホームページの写真をずっと見ることもありますけど、言うなればずっと妄想しているってことで、男もいろいろなこだわりがあるんです。

会話さえ楽しめる。それも風俗の魅力

風俗は性欲を発散することが出来る場所だとは思いますけど、でもそれだけではないのも事実ですよね。むしろ他にもいろいろなことを楽しめるからこそ、風俗は様々なニーズがあるというか、自分もそうなんですよね。確かに性欲を満たすことが出来る点は魅力ですし、抜かなくても良いのかと言われればそれはまた違うんですけど、でも抜くだけじゃないというか、例えば会話。風俗嬢との何気ない会話もそれはそれでとても楽しいものですよね。むしろそこが魅力というか、会話によって二人の距離感も縮まるじゃないですか。距離感が縮まると、プレイだってそれなりに白熱することになりますので、そこで更に楽しさが増すんです。だから風俗ではいきなりプレイを始めるようなことはせず、まずはじっくりと会話から楽しむようにしています。そのくらいの余裕を持っていた方がいろいろな意味で楽しめるんじゃないかなと思うんですよね。まぁこれも人それぞれだとは思いますが。

[ 2017-04-23 ]

カテゴリ: 風俗体験談